松之山(まつのやま)エリア

どんなエリア?

松之山エリアは長野県境に位置する周囲を山々に囲まれた標高200~600mの丘陵地帯です。東部に越道川、西部に渋海川が流れ、川沿いに耕地が開けているものの、急傾斜地が大半で地すべりも多く、冬の豪雪を含めて厳しい自然にさらされた地域です。棚田で営まれる稲作のほかに、山菜やきのこなどの特産品づくり、松之山温泉を核とした旅館業などが営まれています。「大地の芸術祭」をきっかけにして里山の生態系を見直そうと、「森の学校キョロロ」を拠点とした地域づくりが行われています。

興味があれば、歴史についても是非。

大棟山美術博物館
村山家31代の前当主が700年に近い歴史をもつ村山家旧宅と庭を博物館にしたものです。村山家の豪農の暮らしを伝える生活調度品、書画、陶芸品等の芸術品のほかに、前当主の叔父に当る「坂口安吾」の遺品も数多く展示されています。安吾はもともと松之山随一の旧家である村山家に、叔母と姉が二代続けて嫁いだという縁で、頻繁に訪れていました。

これは見逃せない!

大厳寺高原
天水山の中腹、標高700mに位置する大厳寺高原。緑あふれる高原には牧場あり、菖蒲池あり、四季折々の自然が訪れる人を楽しませてくれます。2000年から大地の芸術祭の作品が設置され、のんびりとした牧牛の群れ、野鳥の声を聞きながら遊歩道の散歩が楽しめます。夏は、コテージやバンガロー、テントが完備されたキャンプ場でアウトドアライフを楽しむ人たちで賑わいます。

このエリアの主な見所

三省ハウス

 

最後の教室

 

オーストラリア・ハウス

 

キョロロ