トップ  >   巡る  >   6つのエリア  >   中里エリア

中里(なかさと)エリア

どんなエリア?

中里地域は、信濃川をはじめ、清津川、釜川、七川と川に恵まれた地域です。豊富な水をいかした稲作を中心に、野菜、花卉などの栽培が行われています。清津川沿いにできた「清津峡」は、日本三大渓谷に数えられ、上信越高原国立公園、名勝天然記念物に指定されています。また、釜川沿いの「七ツ釜」も名勝天然記念物に指定されており、川による大地の造形が多くの観光客を呼んでいます。毎年3月には、「雪原カーニバルなかさと」が開催され、雪原一面にスノーキャンドルが飾られます。

興味があれば、歴史についても是非。

今から150~160年前に東頸城地方から伝えられたといわれる田代神楽は、七ツ釜の入口にある田代集落「田代神楽座」の人々に守られ、今でも舞い継がれています。毎年7月中旬には「七ツ釜まつり」が開催され、「神楽」や「水もらい」の行事を再現して行います。各種出店やイベントも企画され、特に深山酒や山菜おこわが大好評です。

これは見逃せない!

「ポチョムキン」
釜川のほとり、ゴミ捨て場に変わり果てたかつての遊び場が、フィンランドの建築家グループ「カサグランデ&リンターラ建築事務所」によって、美しい公園に生まれ変わりました。鉄、木、車のタイヤなど、20世紀の物質文明を象徴する素材を使った遊具やベンチ、巨木と公園全体に敷かれた白い砂利。静謐な空間のなかで、川のせせらぎ、目の前に広がる田んぼ、遠方の山々など、美しい自然と向き合うことができます。

このエリアの主な見所

ポチョムキン

 

ミオンなかさと