トップ  >   イベントカレンダー  >   越後妻有里山現代美術館[キナーレ]2017冬企画展 「雪あそび博覧会」

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]2017冬企画展 「雪あそび博覧会」

投稿日:2016年12月15日  

雪景色に光のしぶきが飛び散る色鮮やかなアート、雪上を滑って楽しむ「雪板」、スケートであそぼう!

「雪あそび博覧会」が始まります。
雪の降ってくる美術館「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」ならではの、冬期企画展では、雪とアートの魅力を存分に楽しめる作品がたくさん。

また後半の2月25日からはグレードアップしたプログラムがスタート。雪アートを観にいくトレッキングやワークショップ、雪花火などさまざまなプログラムをご用意しています。

  • 会期:2017年1月14日(土)~3月12日(日)
  • 休館日:水曜
  • 時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
    ※一部作品は公開日限定。詳細は以下記載
  • 作家:淺田創、磯辺行久、曽谷朝絵、
       KEEN&KURAKAKE+NUART Sculpture
  • 料金:一般1,000円、小中学生500円(常設展入館料を含む)
    ※スケート体験は専用貸靴代500円別途必要
    ※2017冬共通チケットで何回でも入場可(スケート体験除く)
    ※スケートは混雑時1回30分
    ※スケート体験される方は帽子・手袋をご持参ください

作品紹介

曽谷朝絵「鳴る色」
光と色彩に満ち溢れた絵画やインスタレーションで活躍するアーティストが、美術館の大窓に作品を制作。雪景色を鮮やかに変容させます。
(制作協力:株式会社中川ケミカル)



※開館日は夜22:00までライトアップされた作品を、回廊からご覧いただけます
※美術館は17:00で閉館いたします





エントランスホールにはスケートリンクも登場!
「鳴る色」が鮮やかな空間でスケートもお楽しみいただけます。

曽谷朝絵/プロフィール
2006年『東京藝術大学大学院博士後期課程美術研究科』にて博士(美術)取得。2002年『VOCA展2002』VOCA賞受賞。2013年に水戸芸術館にて個展を開催するなど全国で発表多数。絵画からインスタレーションまで幅広い表現方法で創られるその作品は、観る者の視覚を越えて身体感覚を呼び起こす。





磯辺行久「豪雪ドーム」
全長40mの巨大なエアドームが出現。

<作品の公開について>
※平日の作品公開時間は10:00~12:00、13:00~16:30です(12:00~13:00は休憩)
※土日祝日の公開時間は10:00~16:30です
※強風等、危険な場合は作品を公開できない場合があります
※公開休止日:2月13日~19日、3月2日~5日
※3月4日はキナーレを飛び出して、雪花火会場(あてま高原リゾートベルナティオ)で限定公開いたします。




磯辺行久/プロフィール
アーティスト、エコロジカルプランナー。綿密な調査にもとづく環境をテーマとした作品を発表するほか、環境コンサルタント会社、リジオナル・プランニング・チーム代表も務める。

<関連イベント>
2月25日(土)、26日(日)、3月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)
エアドーム内で何かが起こる!




「雪板」KEEN&KURAKAKE+NUART Sculpture
近年注目を集める滑ってあそべる「雪板」を、芸術祭作品でもおなじみの「脱皮する家」制作者、鞍掛純一と日本芸術大学の有志が作り、アウトドアブランドKEEN JAPANとコラボレーションするプロジェクト! 歴代の作品「脱皮する家」「コロッケハウス」「大地のおくりもの」モデルの雪板も登場します。

<作品の公開について>
※平日の作品公開時間は10:00~12:00、13:00~16:30です(12:00~13:00は休憩)
※土日祝日の公開時間は10:00~16:30です





≫「脱皮する家」作品ページ
≫「コロッケハウス」作品ページ
≫「大地のおくりもの」作品ページ

<関連イベント>
1月14日(土)、15日(日)
プロスノーボーダー・田中幸さん、アウトドアカメラマン・マッシュさんと雪板であそぼう。
悪天候のため1月14日は中止とさせていただきます。1月15日は10~12時で実施を予定しています。

尚、キナーレでの展覧会「雪あそび博覧会」は通常通り開催しており、スケートなど屋内であそぶことができます。 9:45現在、越後湯沢-六日町 上越線見合わせとなっております。ご来場の際は、交通情報をご確認の上、ご無理のないようお気をつけてお越しください。




淺田創「ピンホールカメラでみる雪原」
天地がさかさまになった図像を巨大ピンホールカメラで体験します。 像を見るほか、手に持ったボードに像を写したり、カメラを貸し切ってオリジナル写真を撮ることもできます。
カメラオブスキュラの貸出はこちら




photo by Tsukuru Asada

淺田創/プロフィール
写真家。ニューヨークで活動の後、2000年帰国。出版、広告を中心に撮影。またムービーも手がける。
≫公式HPはこちら

2月25日からのグレードアップしたプログラムの詳細はこちら





Photo by Osamu Nakamura

コレクション展示:
ゲルダ・シュタイナー&ヨルク・レンツリンガーレアンドロ・エルリッヒカルロス・ガライコアエルムグリーン&ドラッグセットカールステン・ニコライ山本浩二栗田宏一カールステン・ヘラークワクボリョウタ、眞田岳彦、マッシモ・バルトリーニfeat.ロレンツォ・ビニ

≫常設展詳細はキナーレHPへ

開催日
2017年1月14日(土)〜2017年3月12日(日)10:00〜17:00
※休館:水曜
場所
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
(十日町市本町6
料金
一般1,000円、小中学生500円
※常設展入館料を含む
※2017冬共通チケット提示で何度でも入場可
お問い合わせ
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
TEL 025-761-7767