7月22日 まつだい棚田バンク草刈イベントを開催しました

妻有日記投稿日:2017年08月18日

今回のイベントは里親、企業、一般参加合わせて棚田バンク史上最多の80名を超える参加人数となりました。ほんの数年前までは10名に満たない参加人数の時もありましたが、大勢ご参加いただき本当にありがとうございました。

イベントは、2か所の会場で開催。まずは里親の会場。朝、奴奈川キャンパスに集まって「草取り班」と「草刈班」の班分けから始まります。班分けが終わったら現場へ移動。 田んぼへ着くと、ラジオ体操→作業の注意事項(鎌の取り扱いや熱中症、マムシや蜂について)→講師紹介(地元出身の農家の方達)→作業開始の順でイベントが始まります。

一斉に草取りと草刈開始!さあ、みんなうまくできるでしょうか。

一方、もう一つの会場はというと、参加者はある企業の方たちでにぎわっておりました。 稲株も大きく、田んぼの草もほとんどみあたらない様子です。みんなで畔草刈をして一汗流し、一休み。地元の講師の方も「今年は管理がよくて田んぼの状態が去年よりいいなあ」とお褒めの言葉をいただきました。

さて、ここで草取りと草刈どう違いについて説明します。「草取り」は田んぼの中生えた雑草を手で根っこから取る作業で「草刈」は田んぼの周りに生えた草を鎌で刈り取る作業です。どちらも草にまつわることですが一口に草と言っても様々で多年草と一年草でも対処方法が異なります。また、稲と雑草のヒエは同じイネ科なので姿がそっくり。見分け方はというと・・・稲にはヒゲ(葉耳)が生えています。



そうこうしているうちに約2時間の作業終了。無事、畦畔の草刈と田の草取りを終えました。 作業後は参加した皆さんでバーベキューとスイカ割りを楽しみました。

次回は稲刈り9月23日(土)、9月24日(日)です。

ぜひ、里親になって稲刈りにご参加ください!!
≫まつだい棚田バンクの登録はこちら

まつだい棚田バンク 竹中想

コラム一覧へ戻る

竹中 想

まつだい棚田バンク担当。24時間365日、田んぼのことで頭がいっぱい!? な妻有スタッフきっての肉体派。

この作者の記事を読む

まつだい棚田バンク

越後妻有の棚田の里親になって、いっしょに棚田を守って下さい。

参加する

イベント
まつだい棚田バンク 稲刈り 2017
ニュース
まつだい棚田バンク里親の方へ 配当米申込みのご案内