[8/5-20]山あそびと里山アートを楽しむコース

日程
10:00~17:00頃
始点/終点
まつだい「農舞台」/最後の教室
交通手段
季節
2017年8月5日(土)~20日(日)

2017夏、午前中は「山あそび博覧会」で遊んで、午後は松代・松之山エリアの里山アートを巡る1日のコースです。

まつだい「農舞台」

農舞台にボルダリング、城山に「山あそびの木琴」が登場!芸術祭2018新作ジョン・クルメリングのかわいい展望台や2017夏ポスター表紙のイリヤ&エミリア・カバコフの「人生のアーチ」も。

詳細ページへ

アネット・メサジェ「つんねの家のスペクトル」

築150年の空家に、はさみ、包丁、梁を、人口皮や綿を使って、柔らかいぬいぐるみにし、空家の吹き抜けの梁から吊るされています。莇平方面に向かう道中、右手にある、茅葺き屋根の家です。

詳細ページへ

日比野克彦「明後日新聞社文化事業部」

今や全国・世界・宇宙にまで広がった「明後日朝顔プロジェクト」発祥の地。地域の方たちが大切に育てる、地面から校舎の屋根まで伸びる朝顔をご覧ください。

詳細ページへ

奴奈川キャンパス

中国ハウスプロジェクト「七月節」展開催。8月12日(土)~14日(月)には、鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コースの「続・大地のおくりものを彫ろう」ワークショップ。GAKUSYOKUでカフェもおすすめ。

詳細ページへ

鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース「脱皮する家」

星峠の棚田の近くにある、築150年の古民家を2年半かけて彫刻刀で彫り上げ、「脱皮」させた。宿泊もできる空家作品。

詳細ページへ

アンドリュー・バーンズ・アーキテクト「オーストラリア・ハウス」

松之山浦田地区にある建築作品。今年はレジデンスアーティストも活動中。8月11日(金祝)には「夏の会」を開催。

詳細ページへ

マリーナ・アブラモヴィッチ「夢の家」

松之山温泉の上に位置。夢を見るためにつくられた宿泊施設。周辺の作品・エリクシール、収穫の家もあわせて見学できます。

詳細ページへ

クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」

「人間の不在」をテーマに、廃校を丸ごと美術館にした、クリスチャン・ボルタンスキー+ジャンカルマンによる作品。必ず見ておきたい、大地の芸術祭の名作です。

詳細ページへ

三省ハウス(宿泊におすすめ)

2017春に新設置された、レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」がバージョンアップ!宿泊とあわせてお楽しみください。

詳細ページへ

> 里山のガイドマップPDFをダウンロード

 

このコースの行程表

関越自動車道 六日町インターより 国道253号線へ(90分)
10:00 まつだい「農舞台」見学&昼食(越後まつだい里山食堂)(2時間半)
トイレ有
まつだい「農舞台」
15分
12:45 つんねの家のスペクトル 見学(10分)つんねの家のスペクトル
10分
13:05 明後日新聞社文化事業部 見学(15分)明後日新聞社文化事業部
20分
13:40 奴奈川キャンパス見学(15分)
トイレ有
奴奈川キャンパス
10分
14:05 脱皮する家 見学(10分)脱皮する家
20分
14:35 オーストラリア・ハウス 見学(10分)オーストラリア・ハウス
25分
15:10 夢の家 見学(10分)夢の家
20分
15:40 最後の教室 見学(20分)
トイレ有
最後の教室
15分
17:00 三省ハウス 宿泊・見学(15分~15:30)
トイレ有
三省ハウス

その他のモデルコース