トップ  >   巡る  >   モデルコース  >  

アートと里山をめぐる日帰りコース(東京方面から)

対象
人気作品を効率よく巡りたい方
始点/終点
東京/東京
交通手段
季節
春から秋にかけて

はじめての方には必ずご案内する主要な空家・廃校作品を日帰りで楽しむおすすめコースです。作品が開館している土日祝日にお越しください。(東京から越後妻有までは車で約4時間。越後湯沢駅からレンタカーもできます。)

ポチョムキン

塩沢石打ICから車で清津峡トンネルを抜けていくと、フィンランドのカサグランデ&リンターラ建築事務所による作品があります。中を歩いていくと、庭園を思わせる空間の中で、近くを流れる川のせせらぎがきこえてきます。

※十日町市倉俣小学校(新潟県十日町市倉俣甲1650)近く
※作品公開期間:5月~10月

最後の教室

廃校となった旧東川小学校を舞台に「人間の不在」を表現した美術館。クリスチャン・ボルタンスキーとジャン・カルマンによる、学校全体を使った作品です。

※住所:十日町市松之山藤倉192
入館料:大人500円、小中学生250円
作品公開期間:2015年4月25日(土)、26日(日)、29日(水祝)、2日(土)、3日(日)、4日(月祝)、5日(火祝)、6日(水祝)(10:00~16:00)
冬季休

夢の家

あわただしい現代生活の中で、「自分自身と向き合うために、夢を見てほしい」との願いから生まれた、作家マリーナ・アブラモヴィッチによる宿泊体験型作品。宿泊者が書き綴った1862の夢から選ばれた100の夢を記した『 夢の本 』も刊行されました。

※住所:新潟県十日町市松之山湯本643
入館料:大人500円、小中学生250円
作品公開期間:2015年4月25日(土)、26日(日)、29日(水祝)、2日(土)、3日(日)、4日(月祝)、5日(火祝)、6日(水祝)(10:00~16:00)
冬季休

まつだい「農舞台」・まつだい郷土資料館

まつだい「農舞台」は、オランダの建築家グループMVDRVにより設計。昼食は、内装そのものが作品でもあるレストラン「越後まつだい里山食堂」(建物内に併設)で。 隣接する雪国の暮らしを紹介するまつだい郷土資料館も併せて見学できます。

※住所:新潟県十日町市松代3743-1/TEL 025-595-6180
共通入館料:大人600円、小中学生300円
開館10:00~17:00、水曜休館

脱皮する家・星峠の棚田

脱皮する家は、日本大学芸術学部彫刻コース有志による空家作品。学生たちが、鑿で床や天井を掘り続け、2年半の歳月をかけて制作されました。脱皮する家から車で2~3分の距離にある「星峠の棚田」は絶景です。

※住所:新潟県十日町市峠766
入館料:大人500円、小中学生300円
作品公開期間:2015年4月25日(土)、26日(日)、29日(水祝)、2日(土)、3日(日)、4日(月祝)、5日(火祝)、6日(水祝)(10:00~16:00)
冬季休

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

2012年夏にオープンした、越後妻有の地域や自然、民俗、地形などをテーマに組み込んだ、体験型のミュージアム大地の芸術祭のグッズが購入できるミュージアムショップもあります。鑑賞後は、館内にある温泉や「越後しなのがわバル」でカフェもお楽しみいただけます。

※住所:新潟県十日町市本町6丁目/TEL 025-761-7767
入館料:大人800円、小中学生400円(企画展によって変更あり) 開館10:00~17:00、水曜休館

≫ガイドマップ(PDF)はこちら

> 里山のガイドマップPDFをダウンロード

 

このコースの行程表

東京から越後妻有への移動  車で:塩沢石打IC下車  電車で:越後湯沢駅からレンタカー
10:30 作品見学(15分)ポチョムキン(N019)
25分
11:10 作品見学(30分)最後の教室(Y052)
20分
11:55 作品見学(30分)夢の家(Y013)
25分
12:50 見学、昼食(70分)まつだい「農舞台」 まつだい郷土資料館
昼食:越後まつだい里山食堂
30分
14:30 作品見学、星峠の棚田見学(60分)脱皮する家(D143)
40分
16:10 美術館見学(50分)越後妻有里山現代美術館[キナーレ](T025)
17:00 コース終了

その他のモデルコース