絵本と木の実の美術館「ヤギのしずか始業式」&ビオトープ生きもの観察会開催!

お知らせ投稿日:2017年5月16日

絵本と木の実の美術館にて、5月20日(土)11:30より「ヤギのしずか始業式」を開催します。2015年の春から美術館で飼育を始めた「ヤギのしずか」の、3年目の始業式です。今年はなんと3頭の赤ちゃんが生まれました!田島征三が1970年代に共に暮らしていたヤギにちなんで同じ名がつけられました。今ではすっかり美術館の人気者になり、春になるとヤギを待ちわびる声がたくさん寄せられます。例年、春から11月中旬まで美術館で過ごし、三条市の今井明夫(全国ヤギネットワーク代表)の元へ里帰りする、ヤギのしずか。冬の間お腹の赤ちゃんを育てながら、今井さんの元でお世話になります。今週末、しずかの子ヤギたちが絵本と木の実の美術館にやってきます!

同日、美術館の隣の休耕田を活用した、ビオトープ生きもの観察会や田植えも開催します!ぜひ、あわせてご参加ください。

≫詳細・お申込みはこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む