この夏、最後の公開に。名作・行武治美「再構築」(2006年)

お知らせ投稿日:2017年7月7日

2006年の誕生から、大地の芸術祭のアイコニックな存在でもあった行武治美の作品「再構築」。この作品が、今夏のプログラムで最後の公開となることが決定しました。

雑誌の表紙を飾るなど、これまでたくさんのメディアに登場してきた「再構築」は、使われなくなった小屋がアートとして生まれ変わった作品であり、お客様や地元から愛されてきた越後妻有らしい作品です。特に晴れた日には、周りの風景が鏡に映り込み、風景と作品が一体化する美しい光景を見ることができます。一度は訪れていただきたいこの作品が、8月5日~20日の夏プログラムでの公開を最後にクローズとなります。 最後となるこの貴重な機会に、ぜひ訪れてみてください。

≫作品詳細はこちら
≫この夏の限定オープン作品一覧はこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む